靴の痛みと調整。痛い靴、きつい靴、大きな靴等、履くのに困っている、または靴箱に眠っている靴はありませんか。靴の調整で履けるようになります

靴による痛みと調整について
靴の調整例(内反小趾の方の靴の調整)

外反母趾と同様に横アーチ筋が弱くなり開帳足が進み、
小趾付根が突出し痛みがでるようになります。

外反母趾とともに突出することが多く、内反小趾の方は、
小趾の踏ん張る力が弱いため重力が小趾付根に過度に集中することで炎症を大きくします。

靴調整による歩行バランスの補正により、
趾や横アーチの筋力が丈夫になることで症状が改善します。


開帳足により横アーチが崩れて、足のバネが弱くなっています。
どのような靴を履いても小趾付根に痛みがでる症状でしたが、
調整により痛みが軽減し歩行がラクになりました。



小趾付根が痛く、2足を持参されました。調整で歩行バランスが良くなり、
横アーチ筋が丈夫になりますので症状が改善に向かいます。
もし、痛いまま我慢して履いていると、ますます内反小趾の症状が悪化するところでした。

価格 1足4,500円(税込) ◎予約制
ブーツは4,800円(税込)
初回のみ、登録料として1,050円(税込)が必要です。(コンピュータ計測と足のチェックを行います。)
底の修理等がある場合は別途料金をいただきます。